• HOME
  • 医療機能分化連携
  • 令和3年度第1回医療機能再編支援ワーキング「地域医療連携法人の法人化までの事務職員の役割及び法人化後の事務」事例紹介資料

このページを印刷する

医療機能分化連携

  • 会員向けお知らせ
  • 役員向けお知らせ
  • 医療機能分化連携関連情報
  • 医療機関の感染対策
  • 福祉施設の感染対策
  • 医療機関の働き方改革ふじのくに医療勤務環境改善支援センター
  • 医師のキャリアアップ等支援ふじのくに地域医療支援センター
  • 動画配信専用ページ
公益社団法人 静岡県病院協会
〒420-0853
静岡県静岡市葵区追手町44番地の1
静岡県産業経済会館 6階
TEL.054-252-6326
FAX.054-266-3253
Get ADOBE READER
PDFファイルをご利用になるにはAdobe Readerをダウンロードしてください。

医療機能分化連携

2022年01月25日
令和3年度第1回医療機能再編支援ワーキング「地域医療連携法人の法人化までの事務職員の役割及び法人化後の事務」事例紹介資料
 静岡県病院協会では、地域医療構想の実現に向けた課題抽出や病院間の連携強化のための関係者の協議を行う医療機能再編支援事業を県委託事業として実施しています。
 この事業では、病院長による協議のほか、事務長等事務職員によるワーキンググループを設置し、他病院との連携による病院運営の合理化など、事務の効率化、向上について、講師を交えディスカッションするワーキングを実施しています。

 令和3年度の第1回医療機能再編支援ワーキング「地域医療連携法人の法人化までの事務職員の役割及び法人化後の事務」の事例紹介資料を掲載します。


第1回医療機能再編支援ワーキング

1.開催日時:令和4年1月24日(月)16:00-17:00
2.講師:国立大学法人 浜松医科大学医学部附属病院 医療福祉支援センター センター長(特任教授) 小林利彦氏
3.事例:テーマ「地域医療連携法人の法人化までの事務職員の役割及び法人化後の事務」
     事例紹介講師 地域医療連携推進法人 尾三会 事務局長 安藤拓哉氏