このページを印刷する

感染対策Q&A

器具・器材・リネン類の洗浄・消毒・滅菌

Q
 現在、器具の消毒にステリハイドを使用していますが、毒性もあるため使用をやめたいと思っています。ステリハイド使用をやめた場合、洗浄のみで中材に返却してよいでしょうか。
 また、HIV患者様に使用した場合も洗浄のみでよいでしょうか。洗浄は手で洗うことになります。
 滅菌や消毒の前には、十分な洗浄が必要です。決して滅菌や消毒前の「消毒」は必要ではありません。ステリハイドを一次消毒に使用すると安全のような気がしますが、実際には極めて危険な状態になります。血液が付着した医療器具をステリハイドにつけると血液が器具の表面に凝集し、十分な洗浄ができなくなります。十分な洗浄がなされなければ、適切な消毒や滅菌ができなくなるということになります。滅菌が不十分な器具が体内に入れば患者が感染する可能性がでてきます。感染対策からしてもステリハイドによる一次消毒は不適切です。また、ステリハイドを取り扱う場合には、換気が徹底されなければなりません。発ガン性があるので、スタッフが曝露することを避けなければなりません。すべての病棟でステリハイドを用いることは、換気の点からも不可能であり、職員の健康上の問題が発生します。最後に、ステリハイドは高価な消毒薬です。
そのため、これを多用することは、病院経済にはマイナスになると思います。
 以上のように、@器具の消毒・滅菌が不十分になること、A取り扱うスタッフの健康の問題があること、Bコストがかかることと言ったことから、ステリハイドの一次消毒は避けるべきです。

感染関連リンク

感染対策地域支援相談システム
対象:医療機関・高齢者施設等
院内・施設内感染に関する相談システムのご案内です。
感染管理認定看護師(ICN)による現場での助言・講義も対応できます。
Get ADOBE READER
PDFファイルをご利用になるにはAdobe Readerをダウンロードしてください。