このページを印刷する

感染対策Q&A

ハウスキーピング

Q
MRSAを有するの患者の退室後は通常の清掃と環境表面の清掃・消毒が
必要だとのことだが、環境表面は清掃のみではだめか。消毒が必要ならば、
薬剤は何を使用すればよいか。
(a)
黄色ブドウ球菌・MRSAに対してはアルコール、4級アンモニウム等どのような
消毒剤でも効果があるので、それで十分であるが、よく接触する部分については
消毒をしておくのがよいのではないかと思う。
(b)
アウトブレークがあった場合は、その菌に有効な薬剤で消毒するが、通常は
一般的な清掃でよい。例えば喀痰等の湿性生体物質が飛ぶような状況下では、
有機物に対する消毒効果は低いので頻回なる手洗い・清掃(1回/日のみでなく)が
重要である。頻回に手洗い・清掃がされていれば、一般的な清掃でよいが、
アウトブレークがあったり、MRSAの増加がみられたりするような場合は、
清掃後の消毒が必要になるだろう。

感染関連リンク

感染対策地域支援相談システム
対象:医療機関・高齢者施設等
院内・施設内感染に関する相談システムのご案内です。
感染管理認定看護師(ICN)による現場での助言・講義も対応できます。
Get ADOBE READER
PDFファイルをご利用になるにはAdobe Readerをダウンロードしてください。