このページを印刷する

感染対策Q&A

器具・器材・リネン類の洗浄・消毒・滅菌

Q
気管内吸引カテーテルの管理の仕方について、基本的な事項を教えてください。
気管内吸引カテーテルには閉鎖式気管内吸引カテーテルと開放式気管内吸引カテーテルがあります。閉鎖式吸引では気管カニュレと気管内吸引カテーテル、人工呼吸器装置が連結しているため回路を開放せずに吸引ができます。開放式吸引では回路を開放して吸引を行うので微生物で汚染される可能性が高く、無菌操作に注意が必要です。閉鎖式カテーテル(1日複数回使用、1日1回交換)と、開放式の単回使用カテーテルにおける肺炎の発生率に差がないことから、どちらが望ましいか特に勧告はありません。最近では、閉鎖式の気管内吸引カテーテルの使用が増加しつつあるようです。

開放式の場合について滅菌済みカテーテルの単回使用が原則です。気管内吸引カテーテルは毎回使い捨てがよいのですがそれが困難な場合、あるいは在宅医療などにおいて、経済的な理由などから繰り返し使用することがあり、その場合には使用の都度、適切な洗浄と消毒が必要です。

消毒薬の選択は、吸引カテーテルの消毒に適しており、かつ粘膜に使用できるものを選択します。したがって、人体への影響が比較的少なく、かつ器具にも使用できる消毒薬を選択することになりますが、この場合、カテーテルの使用が同一患者に限られていることから、消毒用アルコールが適切で、かつ容易だと考えます。

以下は一例です。
@吸引使用後のカテーテルをアルコール綿で外側に付着した分泌物を
 拭き取り、水道水でカテーテルの内腔を十分に洗浄する。
 通水する水は分泌物(微生物)汚染する可能性があるため、1回の吸引
 ごとカップの水道水を全量吸引する。カテーテル内腔に水が残らな
 いように空吸いする。
Aその後、アルコールを吸引しチューブ内腔を消毒・乾燥させる。
 カテーテルの外側はアルコール綿で清拭消毒する。
B洗浄消毒したカテーテルは、乾燥した清潔な密閉容器に入れ保管する。
  
「アルコールの吸引と、水道水の使用について」
アルコールによる消毒効果と、乾燥効果が重要だからです。この一例のように、最終的にアルコールで仕上げをしますので、通水は水道水でも良いです。アルコールを使用しない場合には、通水は滅菌水が必要です。

感染関連リンク

感染対策地域支援相談システム
対象:医療機関・高齢者施設等
院内・施設内感染に関する相談システムのご案内です。
感染管理認定看護師(ICN)による現場での助言・講義も対応できます。
Get ADOBE READER
PDFファイルをご利用になるにはAdobe Readerをダウンロードしてください。