このページを印刷する

感染対策Q&A

器具・器材・リネン類の洗浄・消毒・滅菌

Q
当院ではセッシ等器材の消毒は、次亜塩素酸ナトリウム、グルコン酸クロルヘキ
シジン等の希釈液に数十分間浸漬しています。
容器はふた付きにした方が良いのか教えてください。
(a)
使用後器材は使用目的によって処理をするという、スポルディングの分類で
対応します。この分類は、生体の無菌域である血管内や体腔に挿入、あるいは、
生体無菌域に接触する器材は「滅菌処理」が必要です。
損傷していない正常粘膜や創傷皮膚に接触するものは「消毒処理」、正常な皮膚
あるいは皮膚と接触しない器材は「洗浄処理」という分類です。
この分類に照らし合わせて、セッシと容器の処理を決定してください。

(b)
消毒薬の特徴と、ふた付き容器の要否について
1)次亜塩素酸ナトリウム
有機物の影響を受けやすい消毒薬で殺菌効果が低下することがわかってい
ます。特に低濃度の次亜塩素酸ナトリウムは、急激な効力低下を示しますので、
使用前の洗浄が大切です。次亜塩素酸ナトリウムは金属腐食性が強く、金属
製器具などの消毒には不適です。そのため、セッシを漬け置きする場合には気
をつけなければなりません。 使用上の注意事項は、酸性の洗浄剤と混合す
ると有毒な塩素ガスを発生するため、混合してはいけません。また、温度・直射
日光により、時間が経つにつれ効果が減少します。経時変化を起こすため、
ご使用の際は濃度低下を考慮した希釈倍率で作成し、保存時は、「ふた付き容
器」に入れて日光の当たらない場所に保管し、早めに使いましょう。

2)グルコン酸クロルヘキシジン
皮膚に対する刺激が少なく、臭気がほとんどない生体消毒薬です。わが国で
は結膜嚢以外の粘膜への適用は禁忌であり、結膜嚢への使用後は滅菌精製
水での洗浄が必要です。使用部位として、粘膜(膀胱・膣・口腔など)への適用
や創傷、熱傷への適用の一部(広範囲、高濃度)が禁忌であり、気管吸引や尿
道カテーテル挿入時の消毒処置の使用は禁忌です。使用上の注意事項として、
グルコン酸クロルヘキシジンは、有機物に吸着されやすく殺菌力が低下します。
また、水道水や生理食塩水で希釈すると沈殿を起こし殺菌力が低下します。
微生物汚染を受けやすいため、開封後の汚染の注意が必要であり、「ふた付
き容器」の使用が必要でしょう。 各種材質に影響を与えにくく、金属製品に対す
る腐食性も少ない消毒薬として、グルコン酸クロルヘキシジンがあげられ、非生体
への適用も認められていますが、器具や環境などに汎用する消毒薬として、
選択する積極的な理由はありません。

感染関連リンク

感染対策地域支援相談システム
対象:医療機関・高齢者施設等
院内・施設内感染に関する相談システムのご案内です。
感染管理認定看護師(ICN)による現場での助言・講義も対応できます。
Get ADOBE READER
PDFファイルをご利用になるにはAdobe Readerをダウンロードしてください。