このページを印刷する

感染対策Q&A

多剤耐性菌対策

Q
どうして抗菌薬が細菌に効かなくなるのですか?
抗菌薬が細菌に効かなくなるメカニズムには以下のものがあります。
 @ 抗菌薬不活化酵素の産生
    ・細菌がつくる酵素によって抗菌薬の機能を壊す
       例)β- ラクタマーゼ
         メタロβ-ラクタマーゼ
         ESBL(基質拡大型β-ラクタマーゼ)
         アミノグリコシド修飾酵素
 
 A 作用点の変化
    ・抗菌薬が細菌に付く場所の構造を変化させ、抗菌薬が細菌に
     付けなくする
       例)PBP(細胞壁の蛋白)の変異
         DNAジャイレース、トポイソメラーゼ゙W
         (遺伝子を切ったり着けたりする酵素)の変異
 
  B 抗菌薬の作用点への到達阻害と排出
     ・抗菌薬が細菌の中に入るのを邪魔したり、細菌の中に入っ
      た抗菌薬を細菌の外へ掃き出す
        例)・ポーリン(抗菌薬が通過する細胞膜の穴)による抗菌薬透過の障害
          ・エフラックス機構:細胞質内の抗菌薬を能動的に排出

感染関連リンク

感染対策地域支援相談システム
対象:医療機関・高齢者施設等
院内・施設内感染に関する相談システムのご案内です。
感染管理認定看護師(ICN)による現場での助言・講義も対応できます。
Get ADOBE READER
PDFファイルをご利用になるにはAdobe Readerをダウンロードしてください。