このページを印刷する

感染対策Q&A

尿路感染対策

Q
バルーン挿入中の患者のバルーンが詰まってしまった時、膀胱洗浄(生食250ml)を定期的に行っている。また、バルーンのつまりの確認のために、生食20mlでウロバックの採尿部より流して確認している。感染するリスクが高いと聞いているが、この方法が当たり前になっている。バルーンが閉塞した時には、交換するという対応のほうがよいか?
留置カテーテルの必要性を考えてほしい。可能であれば、留置をやめたほうがよい。どうしても必要ならば、定期的に行っている膀胱洗浄は逆行性感染のリスクが高いのでやらないようにする。閉塞した時には、バルーンのすべてを交換すること。

感染関連リンク

感染対策地域支援相談システム
対象:医療機関・高齢者施設等
院内・施設内感染に関する相談システムのご案内です。
感染管理認定看護師(ICN)による現場での助言・講義も対応できます。
Get ADOBE READER
PDFファイルをご利用になるにはAdobe Readerをダウンロードしてください。