このページを印刷する

感染対策Q&A

多剤耐性菌対策

Q
ESBL感染症(基質特異性拡張型βラクタマーゼ)は、抗菌剤を使用していなくても感染はおこるものですか?どのような経路が考えられますか?
ESBL感染は、増加している。入院患者にとっては、リスク因子が大きい。抗菌薬使用者のみでなく普通の人の便からも検出される。さらに、ペットからも感染経路があるかもしれないし、輸入肉からも考えられる。
免疫力が低下している人達にとっては、感染症を引き起こしてしまうことがある。接触感染予防や標準予防策を行い、感染が広がるのを予防します。(おむつ交換時・尿の廃棄時等)

感染関連リンク

感染対策地域支援相談システム
対象:医療機関・高齢者施設等
院内・施設内感染に関する相談システムのご案内です。
感染管理認定看護師(ICN)による現場での助言・講義も対応できます。
Get ADOBE READER
PDFファイルをご利用になるにはAdobe Readerをダウンロードしてください。