このページを印刷する

感染対策Q&A

器具・器材・リネン類の洗浄・消毒・滅菌

Q
吸引ビンや吸引ボトル等は、0.1%次亜塩素酸ナトリウム液に30分間浸漬して消毒効果をえるとありますが、職場は洗い場が狭く吸引ビン等に消毒薬を入れておく場所が確保できない。そのため、泡ハイター等で使用して消毒効果を得たいが、泡ハイター等には、消毒効果はないか?また、より短時間で狭い空間で消毒効果をあげることができる方法があったら知りたい。
消毒を行うためには、正しい濃度で消毒薬を使用しなければなりません。というのも、微生物と接触する一定の時間が必要だからです。泡ハイターの形態は、噴霧するという方法ですから、容器が消毒薬と一定時間接触しないことになるますので、消毒効果は得られません。また、泡ハイターを吹き付けておいてから洗い流しても効果はありません。はじめに、洗浄剤で容器を洗浄することが優先です。短時間で狭い空間で消毒できる方法としては、吸引ビンをバケツ等に浸漬させる或いは、染込ませなくても、吸引ビンを洗浄した後、吸引ビンに0.1%次亜塩素酸ナトリウム液を容器の口いっぱいまで投入し、吸引ビンをたてたまま、内側のみを消毒する。外側は洗浄剤で洗浄する。【ここでいう洗浄とは、ベットパンウォッシャーのような高温洗浄を行っている場合ベットパンウォッシャーは洗浄とともに熱消毒を網羅することになります】高温洗浄を使用していない時は、保管なども考慮して、使用後の洗浄と消毒は必要です。

感染関連リンク

感染対策地域支援相談システム
対象:医療機関・高齢者施設等
院内・施設内感染に関する相談システムのご案内です。
感染管理認定看護師(ICN)による現場での助言・講義も対応できます。
Get ADOBE READER
PDFファイルをご利用になるにはAdobe Readerをダウンロードしてください。