このページを印刷する

感染対策Q&A

尿路感染対策

Q
尿バッグを動かす時、カテーテルを屈曲させてもよいか?接続部から下の部分のみを交換して使用してもよいか?尿もれがある時、細いカテーテルの挿入がよいという理由は何ですか?
カテーテルは屈曲しないように扱ってください。移動時は、バックの中の尿をカラにしたほうがよい。カテーテルの下の部分のみを交換するのではなく、すべての交換がより良い方法です。太いカテーテルを挿入すると尿道括約筋の問題があり、括約筋の作用が滞ってしまう恐れがあります。カテーテルを太くすれば治るとは限りません。

感染関連リンク

感染対策地域支援相談システム
対象:医療機関・高齢者施設等
院内・施設内感染に関する相談システムのご案内です。
感染管理認定看護師(ICN)による現場での助言・講義も対応できます。
Get ADOBE READER
PDFファイルをご利用になるにはAdobe Readerをダウンロードしてください。