このページを印刷する

感染対策Q&A

器具・器材・リネン類の洗浄・消毒・滅菌

Q
ネブライザーの蛇管の取り扱いについてお尋ねします。現在、ネブライザーの
蛇管を、1人1本個人用として1日使用し、消毒しています。消毒後の水切りにも
困難があるためどのように対応したらいいのか迷っています。入院患者の約半
数(20名)にネブライザーの指示があり、7台のネブライザーの器械で対応してい
ます。
もともと感染症の人には個人専用にしていましたが、それ以外は専用でなくても
いいのか、蛇管の乾燥も自然乾燥になってしまうのが現状です。
(a)
 ・まずはネブライザーの使用そのものをなるだけ行わないように仕向けていく
  必要があります。医学的に絶対的に適応になる例はそれほど多くないから
  です。おそらくはここを変えることが、費用もかからず、現実的な案ではない
  かと思います。
 ・蛇管は個人専用とのことですが、患者さんの数は機械の数を明らかに上回っ
  ているとのこと。これは理屈の上では当日中に異なる患者さんの間で同じ機
  械が共用されることとなります。異なる患者さんの間で共用する場合には、
  蛇管のみならず、回路の他の部位も洗浄・消毒・乾燥して使わないと患者間で
  感染のリスクが生じますので、運用を改善する必要があると思います。ネブ
  ライザーが必要な方の数を減らせなければ、機械を増やしてうまく運用するしか
  ないと思います。保有しておられる機械の数に限りがありますので、なかなか
  大変なところだとは思います。
 ・蛇管の乾燥にはどちらでも苦労されているようです。個人的に聞いたところでは、
  自然乾燥に加えて、食器乾燥機などを使っている施設もあるようです。ただ、この
  ような乾燥方式による蛇管の傷みはあるかもしれず、この点については検証
  できておりません。蛇管を洗浄・消毒・乾燥させて再利用を行う場合には、蛇管
  の構造上、完全に乾燥させることがなかなか難しいですし、そうして菌で汚染
  してしまった場合にはやはり患者さんの肺炎のリスクは高くなります。
(b)
 ・最初にネブライザーの必要性を確認してください。そして、ルチーン使用は避ける
  ようにしてください。例えば、ライノウイルスなどの風邪ウイルスに感染している
  患者にネブライザーを行うと、もともと接触感染していたライノウイルスがネブライザー
  という人工的な作用によってエアロゾル感染するようになります。そのため、周囲に
  いるスタッフや患者がウイルスに曝露することになります。すなわち、患者の感染症の
  有無の評価もなくネブライザーを実施することは大変危険なことなのです。以前、
  世界を震撼させたSARSの流行時に、SARS患者にネブライザーを行った病院が
  大変なことになったことを思い出してください。ネブライザーは必要な患者のみに
  実施するという大前提があります。
 ・呼吸器関連の器具には、滅菌あるいは高水準消毒が必要です。そのため、中央
  材料室におろして、滅菌処理することことがベストです。しかし、実際には中央にて
  毎回滅菌処置できないので、現場で処理することが多いと思います。この場合には
  ピューラックスを1:50で薄めたものに30分間、完全に漬けてから、食器乾燥機など
  で完全に乾燥させます。1000ppmの次亜塩素酸ナトリウムにて30分処理しますと、
  高水準消毒となります。ピューラックスは6%の次亜塩素酸ナトリウムですので、
  1:60に薄めると1000ppmとなります。1:50ですと薄めやすい濃度となりますので、
  これを利用してください。
 ・自然乾燥は避けたい行為です。というのは、その日の湿度や温度によって乾燥される
  までの時間が一定しないからです。また、緑膿菌は湿っている状況では生息することが
  できますが、乾燥には大変弱い病原体です。呼吸器関連では緑膿菌対策が最も大切
  なので、強制乾燥は不可欠と思います。
(c)
 基本的な管理は「感染対策ICT実践マニュアル(メヂィカ出版)」の73〜74ページによると、
蛇管や薬液カップは洗浄後に0.01%次亜塩素酸ナトリウムへ1時間浸漬、その後チューブ
乾燥機や食器乾燥機などで乾燥となっています。

〈参考文献〉「感染対策ICT実践マニュアル」(メヂィカ出版)

(d)
 @吸入の適応の見直し、A機材の確保、B洗浄の順に回答されています。
 このうちAの機材の確保については、折衷案が当院救急外来で行われて
 います
 ので、ご紹介します。ネブライザーそのものの台数は2台ですがシーズンとも
 なれば多くの喘息患者が時間外に来院します。その場合、ネブライザーの
 機材のうち、患者さんの呼気と接触する送風管、微粒子発生カップとその蓋
 となるカップ、及び患者さんまでの送風蛇管を洗浄・滅菌に出しています。
 マウスピースのみディスポです。

感染関連リンク

感染対策地域支援相談システム
対象:医療機関・高齢者施設等
院内・施設内感染に関する相談システムのご案内です。
感染管理認定看護師(ICN)による現場での助言・講義も対応できます。
Get ADOBE READER
PDFファイルをご利用になるにはAdobe Readerをダウンロードしてください。