このページを印刷する

感染対策Q&A

器具・器材・リネン類の洗浄・消毒・滅菌

Q
痰からESBLが検出され、現在病院に入院中の人がいる。その人の衣類の洗濯を病院から依頼され、熱湯消毒でよいと言われたが消毒時間はどれくらいか?また、その他に注意することや他の消毒方法等について知りたい。MRSAと同じような対応でよいか?
@ESBL産生腸内細菌(基質特異性拡張型βラクタマーゼ産生腸内細菌)の人の衣類の消毒方法について、洗剤を用いて71℃の水温25分以上(CDC推奨)又は、80℃以上の水温で10分以上(消毒滅菌ガイドライン へるす出版)の熱水洗濯が望ましい。

A生活環境の消毒について、MRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)と同様に考えて頂ければ大丈夫です。手指衛生の徹底とともに、人がよく触れる接触面は、低水準消毒剤で定期的(1日 1回以上)な清拭が推奨される。

感染関連リンク

感染対策地域支援相談システム
対象:医療機関・高齢者施設等
院内・施設内感染に関する相談システムのご案内です。
感染管理認定看護師(ICN)による現場での助言・講義も対応できます。
Get ADOBE READER
PDFファイルをご利用になるにはAdobe Readerをダウンロードしてください。