このページを印刷する

感染対策Q&A

結核

Q
結核に関する検査でQFT(クォンティフロン TB-2G →血液中のサイトカインを測定して結核感染の有無を調べる検査で結核患者との最終接触から8週間以上経過した後に実施する検査)とT-spotがあるが、どちらを行うのが良いか?片方のみでよいか?
QFTとT-spotについて、双方には多少の感度の差があるが、どちらの検査でもよいでしょう。検査室からは、T-spotの検査のほうが時間がかかるので敬遠はされるが・・・。

感染関連リンク

感染対策地域支援相談システム
対象:医療機関・高齢者施設等
院内・施設内感染に関する相談システムのご案内です。
感染管理認定看護師(ICN)による現場での助言・講義も対応できます。
Get ADOBE READER
PDFファイルをご利用になるにはAdobe Readerをダウンロードしてください。