このページを印刷する

感染対策Q&A

疥癬・白癬 他皮膚科領域の感染対策

Q
疥癬について、皮膚のぼつぼつがでている人へ”イベルワクチン”を投与しているが、医師は必要ないという。医師に診察してもらって投与の継続の有無を問うほうがよいか?
角化型疥癬の患者の皮膚に発疹が出ている時には、2回の投与をすれば治療としてよい状況でしょう。医師の診察をうけることと投与を継続することが大切です。

感染関連リンク

感染対策地域支援相談システム
対象:医療機関・高齢者施設等
院内・施設内感染に関する相談システムのご案内です。
感染管理認定看護師(ICN)による現場での助言・講義も対応できます。
Get ADOBE READER
PDFファイルをご利用になるにはAdobe Readerをダウンロードしてください。