このページを印刷する

感染対策Q&A

その他

Q
クロイフェルト・ヤコブ病についてのマニュアルを作成する予定。特に、患者が使用した器具の消毒・リネン類の消毒・吸引ビン(痰の処置)・尿器・酸素ビン・インスピロン容器等の処理・体液血液等曝露時の対応について知りたい。
患者の隔離は不要・患者への看護介護に予防衣は必要ない(但し、褥瘡処置・肺炎などの咳や喀痰が多い時は、ディスポ製品のメガネ・マスク・手袋・ガウンを使用)・医療廃棄物(注射針・経管栄養器材・点滴チューブ・吸引チューブ・採血容器・褥瘡処置に使用したガーゼ等)は、一般患者と同様の規則に則って廃棄する。入浴は、一般患者と同じでよい。排泄物(尿・便)は、一般患者と同じ扱い。リネン類(体液に汚染されているもの)は、焼却廃棄又は、1〜5%次亜塩素酸ナトリウムに2時間浸漬した後、洗濯する。その他詳しいことは厚生労働省からのマニュアルを参照してください。

感染関連リンク

感染対策地域支援相談システム
対象:医療機関・高齢者施設等
院内・施設内感染に関する相談システムのご案内です。
感染管理認定看護師(ICN)による現場での助言・講義も対応できます。
Get ADOBE READER
PDFファイルをご利用になるにはAdobe Readerをダウンロードしてください。