このページを印刷する

感染対策Q&A

器具・器材・リネン類の洗浄・消毒・滅菌

Q
気管内カテーテルの消毒方法について、アルコール消毒の濃度・乾燥させるに方法は、どのようにするべきか。塩化ベンザルコニウム液後、滅菌水で洗浄するのか。液からあげて直ちに使用が可能か。
吸引後、カテーテルの外側をアルコール綿で清拭し、滅菌水を吸引する。その後、8%エタノール添加0.1塩化ベンザルコニウムへ浸す。使用直前滅菌水の吸引を行う。塩化ベンザルコニウムの単剤では、細菌汚染を受けやすいので、少量のエタノールを添加したものを使用する。消毒薬とカテーテルの交換頻度は、24時間以内とされている。ディスポ製品のほうが経済的にも有利である。

感染関連リンク

感染対策地域支援相談システム
対象:医療機関・高齢者施設等
院内・施設内感染に関する相談システムのご案内です。
感染管理認定看護師(ICN)による現場での助言・講義も対応できます。
Get ADOBE READER
PDFファイルをご利用になるにはAdobe Readerをダウンロードしてください。