このページを印刷する

感染対策Q&A

標準予防策・接触予防策

Q
喀痰からグラム陰性桿菌が検出された方がいます。
現在個室管理していますが、喀痰培養が何回陰性になれば、大部屋に移し血圧計を別扱いにしなくてよいでしょうか。
グラム陰性桿菌は常在菌でもありますので、すべてのグラム陰性桿菌が厳重管理の対象にはなりません。多剤耐性菌でなければ大部屋で標準予防策を実施するだけでいいでしょう。
ただし、MDM1とか多剤耐性アシネトバクターなどの、グラム陰性桿菌であれば、現時点では厳重な感染対策が必要です。

感染関連リンク

感染対策地域支援相談システム
対象:医療機関・高齢者施設等
院内・施設内感染に関する相談システムのご案内です。
感染管理認定看護師(ICN)による現場での助言・講義も対応できます。
Get ADOBE READER
PDFファイルをご利用になるにはAdobe Readerをダウンロードしてください。