このページを印刷する

感染対策Q&A

器具・器材・リネン類の洗浄・消毒・滅菌

Q
 気管切開しており、カニューレ挿入中だが酸素協入はしていません。人工鼻は痰で詰まってしまうため、加湿目的でトラキマスクに滅菌水を湿したガーゼをゴムで止めています。よい管理方法はないでしょうか。
 気管切開は、鼻咽頭を通過しないで乾燥した空気が直接気道に流入します。そこで気道に入ってくる空気に湿度と温度を与える必要があり、人工鼻を使用します。しかし、ご質問にあるような状況が希にあります。痰が多いため人工鼻の交換が多いだけでなく、痰によるフィルター閉塞の可能性があります。当院ではこのような状況の場合は、気管切開カニューレの上にトラキマスクを使用しています。湿ガーゼなどによる加湿はしていません。トラキマスクが汚染した場合は、洗浄・乾燥した清潔なマスクを使用します。
 ご質問の御施設のように加湿のために滅菌水を用いても痰が多い場合は、直ちに汚染してしまいます。むしろ湿った状況は緑膿菌などの微生物汚染の危険性を高めてしまいますので対応の見直しが必要です。そして、なぜ痰が多いのか医学的検索を行い、痰の正常化に努めてください。痰の量のコントロールがつきましたら人工鼻の使用に切り替えましょう。

感染関連リンク

感染対策地域支援相談システム
対象:医療機関・高齢者施設等
院内・施設内感染に関する相談システムのご案内です。
感染管理認定看護師(ICN)による現場での助言・講義も対応できます。
Get ADOBE READER
PDFファイルをご利用になるにはAdobe Readerをダウンロードしてください。