このページを印刷する

感染対策Q&A

その他

Q
近年、病室への生花の持ち込みは、感染予防の観点から規制している病院が多くなっているよう
です。院内に持ち込まれたご家族等に、快く納得していたくための理由づけはどのようにしたらよいでしょうか。
生花の表面には緑膿菌などの細菌やアスペルギルスなどの真菌が付着しています。これが環境の微生物による汚染を起こすリスクがないわけではありません。よって、免疫不全を有する患者を診療する施設などを中心に、生花の持ち込みを規制している場合があります。そもそも持ち込みを規制するかどうかについては、病院での検討が必要かと思います。
ただ、仮に規制をするにしても、ご家族にしても来客にしても「患者によろこんでもらいたい」との心を持ってお花をお持ちになるわけですから、その気持ちを大切にしつつ、病院としての決まりを守れるような対応をしたいものです。
まず、そもそも病院への来客に対してわかりやすい形で「生花の持ち込みはお断りしている」旨をよく伝えておく必要があります。掲示を立てる、患者さんご家族に手渡す入院案内に記載する、などの手があります。上手く伝われば生花の持ち込みは事前に防げるはずです。ただ不十分であれば実際に生花を持ち込まれた場合に「聞いていない」という返答をされる可能性が高く、当方としても強くは言いにくいでしょう。
上記のように情報掲示をきちんとしてあれば、仮にご家族・来客が生花をお持ちになった場合に、「ここに掲示してあります」とお示ししながらお断りすることは出来るかと思います。
既に持ち込まれた場合には、病棟内ではなく、共用スペースなど別に空間を設けて飾って頂くというのも手かも知れません。これにより花も無駄にならずに済みます。そこで「病室内や病棟には持ち込めませんので」という旨を、きちんと理由をつけてご説明すれば、聞いてくださるものと思います。

感染関連リンク

感染対策地域支援相談システム
対象:医療機関・高齢者施設等
院内・施設内感染に関する相談システムのご案内です。
感染管理認定看護師(ICN)による現場での助言・講義も対応できます。
Get ADOBE READER
PDFファイルをご利用になるにはAdobe Readerをダウンロードしてください。