このページを印刷する

感染対策Q&A

その他

Q
現場では、「肺炎だからとりあえず」というような抗菌剤の使用が見受けら
れるが、細菌の同定検査結果が報告されるまでの間の治療は、どのように
されるものか。
患者の年齢等の背景やどの臓器の感染症かを診れば、統計的にどの微
生物が感染を起こす頻度が高いかが判るので、経験的に判っている微生
物を漏れがないようにカバーして治療する。これを経験的治療(empiric
therapy)といい、過去のデータから予想して薬剤を選ぶのが本来の治療の
あり方です。

感染関連リンク

感染対策地域支援相談システム
対象:医療機関・高齢者施設等
院内・施設内感染に関する相談システムのご案内です。
感染管理認定看護師(ICN)による現場での助言・講義も対応できます。
Get ADOBE READER
PDFファイルをご利用になるにはAdobe Readerをダウンロードしてください。