このページを印刷する

感染対策Q&A

その他

Q
透析を受けにくる患者全員に、病院の方針としてHIVの検査をしていくと
いうことになった。業務上では一斉に検査したいと思っている。定期検査の
中で一斉にやってもいいのか、保険診療のところでは大丈夫なのか。
血液・体液曝露のために、HIV検査をやるというのは方向性が間違って
いる。その透析患者が、HIVに感染していることを知らなくて、エイズを発症
するのが問題だから検査するという考え方ならよい。透析患者には、B型
肝炎抗原検査を年4回ぐらいやったほうがよい。
 HIVに関しては、現在、日本では保険診療での検査が認められていな
い。私個人としてはHIV検査もやったほうが良いと思うが、先にリスクの
高いほうに焦点をもっていったほうが良い。B型肝炎のほうを優先した方
がよい。針刺しのため、職員の感染曝露を防ぐためにHIV検査をすると
いうことは問題。針刺しがあったら、年齢を問わずHIVを含めた感染の
曝露源検査が必要である。

感染関連リンク

感染対策地域支援相談システム
対象:医療機関・高齢者施設等
院内・施設内感染に関する相談システムのご案内です。
感染管理認定看護師(ICN)による現場での助言・講義も対応できます。
Get ADOBE READER
PDFファイルをご利用になるにはAdobe Readerをダウンロードしてください。