このページを印刷する

感染対策Q&A

在宅ケア

Q
訪問看護の対象者で、疥癬が疑われても皮膚科受診が不可能な場合、どのように対処すればよいでしょうか。
看護の対象者の中には、受診が困難なケースの他に皮膚科受診しても疥癬虫や虫卵を見つけられないケースもあります。そのような場合には看護師が観察して、発疹やかゆみといった疥癬の症状や家族性に既往があれば、標準予防策を確実に実施します。疥癬は角化型でなければ、標準予防策を遵守していればそれ程怖いものではないというのが最近の皮膚科の見解です。

感染関連リンク

感染対策地域支援相談システム
対象:医療機関・高齢者施設等
院内・施設内感染に関する相談システムのご案内です。
感染管理認定看護師(ICN)による現場での助言・講義も対応できます。
Get ADOBE READER
PDFファイルをご利用になるにはAdobe Readerをダウンロードしてください。