このページを印刷する

感染対策Q&A

標準予防策・接触予防策

Q
人工呼吸器を装着している方が多い当院では、気道吸引時にはビニー
ルエプロンは着けますが、経済性、業務効率の点から1ケア毎に更新して
いません。改善の方向で検討したいのでアドバイスをいただけませんか。
防護具はすべての患者に対するケアが対象となります。
エプロンは、微生物が医療者のユニフォームに付着して他の病室に拡散
したり、医療者自身を感染から守るために使用するものです。
ユニフォームが汚染することが予測されるため気道吸引処置で使用した
エプロンは、使い回ししないで廃棄します。
何回も汚染されたエプロンでケアを受ける患者は、汚染が増したエプロン
を着用している医療従事者のケアを受けることになります。
経済性や業務効率も大切ですが、患者安全という視点で、エプロンは使い
回しないことが大切です。

感染関連リンク

感染対策地域支援相談システム
対象:医療機関・高齢者施設等
院内・施設内感染に関する相談システムのご案内です。
感染管理認定看護師(ICN)による現場での助言・講義も対応できます。
Get ADOBE READER
PDFファイルをご利用になるにはAdobe Readerをダウンロードしてください。