このページを印刷する

感染対策Q&A

尿路感染対策

Q
感染対策支援セミナーで尿道留置カテーテルは尿道の炎症予防のため、
身体に固定した方がよいとのことでした。当院では尿道粘膜と皮膚の圧迫
を避ける意味で、固定せずフリーにしていますがやはり固定はしたほうが
よいのでしょうか。
尿路カテーテルを皮膚固定しないということは、カテーテルと尿バックの重みでカテーテルが尿道の前後で移動することとなり、摩擦による炎症が引き起こされます。また、尿路カテーテルと尿道の間隙からの細菌進入による尿路感染を引き起こしかねません。
カテーテルを固定すると尿道粘膜の圧迫になるという状況がわかりかねますが、皮膚の圧迫を避ける必要があるのであれば、固定方法を工夫されるとよいと考えます。

感染関連リンク

感染対策地域支援相談システム
対象:医療機関・高齢者施設等
院内・施設内感染に関する相談システムのご案内です。
感染管理認定看護師(ICN)による現場での助言・講義も対応できます。
Get ADOBE READER
PDFファイルをご利用になるにはAdobe Readerをダウンロードしてください。