このページを印刷する

感染対策Q&A

尿路感染対策

Q
100歳を超えた女性の方に、陰部の糜爛および臀部の褥創治療目的で
尿道留置カテーテルをしている。嘱託医に相談して創処置をしているが
改善されず、留置期間が長期に及び尿路感染兆候がみられる。抜去の
時期の判断はどのようにすればよいか。
泌尿器科種類の皮膚汚染と尿失禁が誘引した皮膚糜爛であれば、嘱
託医が言われるように、炎症が治まるまでカテーテル留置は止むを得な
いだろう。
 しかし、リスクのあるカテーテル留置に対しては体交や離床、差し支え
なければ飲水も効果があるので、そのような対処をしていくのが今のとこ
ろベストかと思う。

感染関連リンク

感染対策地域支援相談システム
対象:医療機関・高齢者施設等
院内・施設内感染に関する相談システムのご案内です。
感染管理認定看護師(ICN)による現場での助言・講義も対応できます。
Get ADOBE READER
PDFファイルをご利用になるにはAdobe Readerをダウンロードしてください。