このページを印刷する

感染対策Q&A

尿路感染対策

Q
尿路留置カテーテルについて、定期交換は行わないとのことですが、尿閉等
やむを得ず留置されている方や体の強い変形の方などは、詰まりがなければ
ずっと交換不要なのでしょうか。それとも月1回程度は交換してもいいのでしょう
か。
ご質問の内容ですが「尿路カテーテルを長期留置する必要のある方では、感染
予防目的にカテーテルを定期的に交換する必要はないでしょうか?」ということで
よろしいでしょうか?
 結果から申し上げますと、定期交換は不要です。
 患者さん毎に適宜交換ということになりますが、その時期は汚染が強くなるなど
して詰まる場合や、感染を起こしてしまった場合となります。また長期留置をして
おきますと回路そのものに不具合や破損が生じることもありますから、その場合は
当然交換と言うことになります。
 以下は具体的な解説です。
  ・「長期にカテーテル留置中の方の尿路感染がカテーテルの定期的な交換で
   減らすことが出来るかもしれない」ということで定期的交換の有用性が期待
   されたのですが、これは臨床研究で否定されています。つまり、カテーテルの
   定期交換を行っても感染の発生率は変化がなかったということです。
  ・これにより、少なくとも尿路感染予防目的の尿路カテーテル定期交換は
   効果がないということになります。
  ・実際、米国CDCのガイドラインにも同様のことが記載されています。
  ・実際には、交換が必要な場合に適宜患者さん毎に交換を行うことになります。
   具体的には、汚染が強くなるなどして詰まる場合や、感染を起こしてしまった
   場合となります。また長期留置をしておきますと回路そのものに不具合や破損
   が生じることもありますから、その場合は当然交換ということになります。

感染関連リンク

感染対策地域支援相談システム
対象:医療機関・高齢者施設等
院内・施設内感染に関する相談システムのご案内です。
感染管理認定看護師(ICN)による現場での助言・講義も対応できます。
Get ADOBE READER
PDFファイルをご利用になるにはAdobe Readerをダウンロードしてください。