このページを印刷する

感染対策Q&A

尿路感染対策

Q
バルンカテーテル留置中の方の「紫色の変色」について教えてください。
 長期留置者の方で、バルンカテーテルからウロガード内まで、すべて
紫色に変色する方がいます。
  @何が原因で紫色に変色するのでしょうか。
  A対処方法は、どのようにすればよいのでしょうか。
目に見えるだけに、ご家族に説明する必要がありますが、調べても
分かりませんでした。
ご質問の現象を「紫色尿バッグ症候群」といいます。
 @膀胱留置カテーテル使用中にカテチューブから尿バッグまで紫色になります。
  尿路カテーテルを挿入している患者が、慢性便秘症と尿路感染(保菌を含む)を
  合併したときに起きます。
   病態機序は、まず、糞便中のトリプトファンが、便秘で増殖した腸内細菌に
  分解されてインドールになり、さらに体内でインジカンとなって尿中に排泄され
  ます。このインジカンが尿中の種々の細菌(Providencia stuartii, Klebsiella
  pneumoniae, E.coli, Morganella morganii, Enterobacter aerogenes, Proteus
  mirabiis など)で分解され、インジゴ(青色)とインジルビン(赤色)が生じます。こ
  の二つは水に溶けないので、インジゴとインジルビンの生成比に応じて、バッグ
  とカテは赤と青の混じった色、すなわち紫色に染まります。
 A対策としては、
  1)留置カテの使用は最小限にする。やむなく留置したら、尿路感染予防を
    心がける。
  2)可能なら便秘を予防する。
  3)「紫色尿バッグ症候群」が起こったら、尿路感染が起こっていないか確認し、
    治療の適応について検討する。

感染関連リンク

感染対策地域支援相談システム
対象:医療機関・高齢者施設等
院内・施設内感染に関する相談システムのご案内です。
感染管理認定看護師(ICN)による現場での助言・講義も対応できます。
Get ADOBE READER
PDFファイルをご利用になるにはAdobe Readerをダウンロードしてください。