このページを印刷する

感染対策Q&A

疥癬・白癬 他皮膚科領域の感染対策

Q
疥癬患者の入浴、清拭はどのようにしたらでしょうか。また、入浴にムトウハップは有効ですか。
ムトウハップは、昔はよく使われていましたが、有効性については皮膚科の先生によって
意見が違っています。最近は、効果があまり期待できないというのが主流となっています。

 当院で角化型疥癬を経験した時に、イベルメクチンを2回も内服させたにも関わらず
疥癬虫が残ってしまったという経験を持っていますが、この時は、皮膚の表面の十分な
洗浄をもっと徹底的にやればよかったと反省しています。従って、ムトウハップというより
十分に洗い流すことが大切と思います。
 結論としては、ムトウハップの有効性は肯定することも否定することもできないと思いますが、
基本的にはオイラックスクリームの外用と、イベルメクチンの内服のほうがよろしいのではないかと思います。

感染関連リンク

感染対策地域支援相談システム
対象:医療機関・高齢者施設等
院内・施設内感染に関する相談システムのご案内です。
感染管理認定看護師(ICN)による現場での助言・講義も対応できます。
Get ADOBE READER
PDFファイルをご利用になるにはAdobe Readerをダウンロードしてください。