このページを印刷する

感染対策Q&A

疥癬・白癬 他皮膚科領域の感染対策

Q
最近、2人の方が疥癬をもって入院されて、1人の方は角化型ではないかと言われて、
もう1人の方は同じ施設から来ている。とりあえず、普通の疥癬の対応でいいでしょうと
言われているが、いずれの場合にしても環境の整備については、分からないことがある。
 角化型の患者さんを対応した所では非常に神経質になっていて、落屑の部分から
感染するのではないかということで、病棟全体を掃除機をかけないように指示を出して
いる。隔離している病室に関しては、粉塵が上がるのは良くないと思うが、そこまでする
必要があるのか分からない。
環境の消毒については、ある患者が角化型疥癬だと判った時には、たぶん大部屋に
いると思うので、見つかった時点で一度その部屋を消毒する。その後は隔離するので、
部屋の床に落ちた落屑の処理とか、ベッドやシーツの処理については、その部屋に限って
行えばよい。診断がつく前に職員の着衣等に付いたものが少量床に落ちていることを考え
られるが、疥癬虫自身がそこから動くことはなく、よほど大量でふわふわ舞い上がるほど
でない限り、再び職員等に付着して他の患者さんの所に運ばれることはないので、部屋の
外に落ちた(廊下に落ちた)落屑のことは考える必要はない。他の部屋で床に落ちている
少数の落屑も気にする必要はない。通常の清掃でよい。

感染関連リンク

感染対策地域支援相談システム
対象:医療機関・高齢者施設等
院内・施設内感染に関する相談システムのご案内です。
感染管理認定看護師(ICN)による現場での助言・講義も対応できます。
Get ADOBE READER
PDFファイルをご利用になるにはAdobe Readerをダウンロードしてください。