このページを印刷する

感染対策Q&A

多剤耐性菌対策

Q
今話題となっている多剤耐性菌は何ですか?
・多剤耐性緑膿菌(MDRP)
・多剤耐性アシネトバクター(M(D)RAB)
・NDM-1産生腸内細菌
・KPC産生肺炎桿菌

 上記のようなものがあげられます。
 このうち、MDRPとMRABは日和見感染※で、健康な人に感染しても病気を起こさないことが殆どです。
 NDM-1産生腸内細菌 とKPC産生肺炎桿菌は、健康な人にも感染症をひきおこすことがあるので、注意が必要です。
 これらは、代表的な抗菌薬であるカルバペネム、アミノグリコシド、フルオロキノロンに耐性を示します。

 ※日和見感染…健康な人では感染症を起こさない弱毒菌が原因で発症した場合をいいます。

感染関連リンク

感染対策地域支援相談システム
対象:医療機関・高齢者施設等
院内・施設内感染に関する相談システムのご案内です。
感染管理認定看護師(ICN)による現場での助言・講義も対応できます。
Get ADOBE READER
PDFファイルをご利用になるにはAdobe Readerをダウンロードしてください。