このページを印刷する

感染対策Q&A

標準予防策・接触予防策

Q
「接触感染」と「飛沫感染」は、菌の動態から考えると連続性があると思い
ますが、予防策はどのように考えると良いのでしょうか。
  ex.インフルエンザでの手洗い(接触)とマスク(飛沫)
     気切「MRSA」での(飛沫)と(接触)
(a)  MRSAが飛沫感染する可能性は低いと考えられますが、飛沫により汚染
された手指、体表面や環境表面に対しては接触予防策が必要です。
 インフルエンザにおいては、マスクの着用以外にウイルスによる汚染が
あれば手洗いは必要です。飛沫感染が主な感染経路である場合でも感染
性が強く、汚染した手を介した粘膜からの感染の可能性が否定できない場
合には、手洗いなどの接触予防策の併用は必要と考えます。鳥インフルエ
ンザやSARS等も主な感染経路は飛沫感染ですか、接触予防策の併用が
重要と考えられています。

(b) 確かに「接触感染」と「飛沫感染」は、菌の動態から考えると連続性があり
ます。CDCも「飛沫感染」は特殊な「接触感染」であると言っています。従って、
飛沫感染する病原体の多くは接触感染する危険性があります。例えば、ライ
ノウイルスは飛沫で人々の間に感染できるのですが、環境表面に数時間生
息できるので、汚染した環境表面に触れた後に、自身の目や鼻粘膜に触れる
と感染しています。このような感染経路の遮断には、手指消毒が必要となり
ます。従って、「接触感染」も「飛沫感染」も連続していますが、「標準予防策」
が完全実施されていて、手指衛生が行われているという前提に行われなけれ
ばなりません。「飛沫感染」ではマスクが必要となり、一般的にはマスクと手
指消毒が実施されます。
 しかし、患者の大量の飛沫に汚染される危険性があれば、標準予防策に
記載されているようにガウンが必要になります。

(c) その通りです。インフルエンザは、手についた気道粘膜から感染すると記
載されています。MRSA呼吸器感染症では、患者周囲2mに大量のMRSAを
認めました。飛沫感染対策接触感染対策の両方が要求されます。

感染関連リンク

感染対策地域支援相談システム
対象:医療機関・高齢者施設等
院内・施設内感染に関する相談システムのご案内です。
感染管理認定看護師(ICN)による現場での助言・講義も対応できます。
Get ADOBE READER
PDFファイルをご利用になるにはAdobe Readerをダウンロードしてください。