このページを印刷する

感染対策Q&A

MRSA・緑膿菌

Q
「MRSA」は常在菌に近い存在と認識していますが、どの程度の接触予防策
をすると良いのでしょうか。
(a)
常在菌に近いということと感染性については、区別しなければならないと
考えます。MRSAが検出された患者に対しては、標準予防策に加えて適切
で十分な接触予防策で対応すべきであると考えます。

(b)
MRSAの感染経路は手指です。従って、保菌患者では標準予防策(特
に、徹底的に手指消毒)が適切です。
 但し、MRSAに感染している肺炎患者がMRSAを咳などで飛び散らして
いる患者や、MRSAの外科的排膿があり、ガーゼで覆いきれない場合に
は接触予防策が必要です。接触予防策では、使い捨てガウンを使用しま
す。MRSAは乾燥した環境表面に数週間から数ヶ月生存できますので、
ガウンの共有は大変危険です。手袋は、湿性生体物質に触れる場合には
当然装着しますが、それ以外では十分なアルコールによる手指消毒が
施行されるならば、手袋は不要です。床がMRSAの感染経路になること
はありませんので、スリッパは不要です。

(c)
前質問の回答と同じです。同じ病棟の患者が決定因子です。易感染性
の患者がいれば厳密な接触予防策が必要で、そうでなければ対策は軽く
てよいでしょう。一般には、療養型病棟は急性期病棟ほど厳しい対策を
要しないと思われますが、結果(院内感染の増加、減少)から、それまで
の対策の妥当性を検証すべきです。「へるす出版 院内感染対策テキス
ト日本感染症学会 3900円」P176〜183が参考になります。

感染関連リンク

感染対策地域支援相談システム
対象:医療機関・高齢者施設等
院内・施設内感染に関する相談システムのご案内です。
感染管理認定看護師(ICN)による現場での助言・講義も対応できます。
Get ADOBE READER
PDFファイルをご利用になるにはAdobe Readerをダウンロードしてください。