このページを印刷する

感染対策Q&A

インフルエンザ

Q
強毒性の(鳥)インフルエンザの流行がくるやもしれぬという想定です。
PPEなども本当に必要になってくる場合には、品切れということが十分に予測され、いわゆる high concept  low technique を考えておきたい。
そのため、かつ、普段の衛生管理の常識として教えていただきたく思います。
2009年の強毒性鳥インフルエンザ(H5N1)についてのWHO報告数(平成21年8月31日現在)は総数45例(中国7、エジプト34、ベトナム4)となっており、死亡者数は12例(死亡率26.7%)です。昨年の報告総数は44例でしたから、決して数が減少しているわけではありませんが、報告の国数は減ってきています。現状ではH5N1のインフルエンザの流行が来ないとは誰も言えません。それに備えるべくある程度のPPEの用意(備蓄)の考慮はしておいて良いと考えます。

感染関連リンク

感染対策地域支援相談システム
対象:医療機関・高齢者施設等
院内・施設内感染に関する相談システムのご案内です。
感染管理認定看護師(ICN)による現場での助言・講義も対応できます。
Get ADOBE READER
PDFファイルをご利用になるにはAdobe Readerをダウンロードしてください。