このページを印刷する

感染対策Q&A

インフルエンザ

Q
インフルエンザにおける感染予防ついて、標準予防策の手洗い・うがいの効果はあるか。
テレビ等ではインフルエンザの予防に「手洗いとうがい」を勧めるが、飛沫が
付着してインフルエンザウィルスが細胞の中に入るのはわずか20分である。
例えば、混み合った電車に乗っていて感染者の咳を吹きかけられた場合、
20分以上乗っていれば既に感染した状況になっている。そうなるとうがいの
有効性は疑問。しかし、うがいの実験で、イソジン薬のうがいは効果があった
という報告がある。ただ、うがいの時期の記載がないため正確なうがいの
効果は不明。インフルエンザ感染には接触感染の関与も指摘されることから、
その予防には手洗いの励行も大切である。

感染関連リンク

感染対策地域支援相談システム
対象:医療機関・高齢者施設等
院内・施設内感染に関する相談システムのご案内です。
感染管理認定看護師(ICN)による現場での助言・講義も対応できます。
Get ADOBE READER
PDFファイルをご利用になるにはAdobe Readerをダウンロードしてください。