このページを印刷する

感染対策Q&A

結核

Q
入院患者に結核が発見されたら「濃厚接触者」として対応してよいか。
接触者検診については、保健所の指示に従うことになります。保健所
は原則的に「結核の接触者検診の手引き」に基づいて接触者検診を指
示することになるので、「手引き」の定義を参照して「濃厚接触者」として
対応することになります。ただし、その病院などにおいて呼吸器や感染
症専門医が状況を詳細に把握して院内感染対策を指示しているなら、
その専門医の指示は尊重されるべきだと思います。
 胸部レントゲン撮影については、接触者検診項目に含まれます。18歳
以上の人では、ツ反よりQFT(クォンティフェロン)検診を優先します。5歳
未満ではツ反が優先され、中間の年齢では、今のところ両者の併用が
望ましいようです。

感染関連リンク

感染対策地域支援相談システム
対象:医療機関・高齢者施設等
院内・施設内感染に関する相談システムのご案内です。
感染管理認定看護師(ICN)による現場での助言・講義も対応できます。
Get ADOBE READER
PDFファイルをご利用になるにはAdobe Readerをダウンロードしてください。